ナイキ(NIKE)の人気のバッシュ通販。注目のエアマックスも激安で

今人気の 商品

ナイキのバッシュはオススメ!エアジョーダン、エアマックスなど人気&注目度もナンバーワンです。

バスケットシューズはナイキで決まり!多数の商品を見やすく展示しております。ジョーダン、ズームコービー、ハイパーダンク、エアズーム、エアマックスシリーズなど定番シューズはもちろん、超レアのバッシュも取り揃えております!2013年の新作も要チェック!海外からの取り寄せ商品も多数取り揃えております。バッシュによって堅いものや柔らかいもの、軽いものや重いものなどいろいろとございますので、ごゆっくりとお好みのものをお選び下さい。

ナイキの2013年新作カラー

かっこいいシルバーが魅力的な一足。もちろん見た目だけではなく、NEWハイパーダンクは、アッパーに高耐久メッシュを使い、軽量繊維が足をしっかりとホールドし、安定性を 高めるフライワイヤーテクノロジーを採用しています。ソールにはナイキ独自のナイキ ルナロンフォームを使用しており、プレイヤーの跳躍力を高め、長時間履いていても疲れにくい構造となっています。

NIKE AIR JORDAN 6 RETRO "OLYMPIC PACK 2012" が登場

ジョーダンがNBAを初制覇したときに着用していたJORDAN6。シドニーオリンピックバージョンが復刻バージョンが登場! 2000年に買い損ねた方、待望の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 ネイビー×ホワイトに細部がレッドでUSAカラーを思わせる一品。

キッズ・ジュニア用や女性用のバッシュも

2014年新作のNIKE AV PRO 4です。カラー真っ白なボディーに赤・黒が生えてきれいです。作りは横幅が細めに作られています。メッシュが使われており、長時間履いていても通気性が良く、軽量なので疲れにくいバッシュです。

NIKEマニアが真面目に語る。NIKEブランドの魅力

 

NIKEという会社の名前は、もともとはギリシャ神話の女神ニケからきています。全体的なNIKEのシューズの特徴として、Eサイズがひろいこと、つまり横幅が広く、他のスポーツメーカーよりも比較的足の幅が広い人でも余裕を持ってはけるようにつくられています。

そして、1990年代後半からは他のスポーツメーカーが足へかかる負担を少なくするために、シューズに衝撃吸収素材をいれることになります。NIKEも例外ではなく、衝撃吸収素材としてエア、つまり空気を風船のように膨らませ、足の底の部分に装着することにより、より激しいスポーツであっても、その人の体や、足などに負担がかからないようにできています。

また、アメリカのバスケット選手であった、マイケル・ジョーダンのスポンサーとなり、一躍バスケットボール界に進出してきます。 時はバブルのころであったために、一般の方たちもこぞってスポーツ用品を買う中にあって、いわゆるバッシュ(バスケットシューズ)は一躍脚光を浴びました。

ただ、日常的にバッシュをはくと、ソールが高く、シューズ自体が固い構造になっているため、その分ランニングシューズなど比べると重く、しかも、シューズそのものが固いので日常生活の中でコンクリートなどの道を通るとシューズ自体に傷が付きやすいのが欠点です。しかし、ファッション性が高く、アメリカのバスケットプレヤーのモデルが出るなど、衣装に合わせたい場合や、誰か好きなバスケットボールの選手がいると、その選手のモデルがでているため、そういう意味ではお勧めです。

しかもEサイズが広いこともあって、シューズをはいた時の窮屈間もなく、グリップ力も他のシューズに比べて高いため、普通に歩くのには歩きにくいけれど、履きやすい靴となっています。  本来なら、バスケットボール専用に開発されたシューズなので、Eサイズとファッション性の高さ以外の機能性では他のウォーキングシューズやランニングシューズに劣りますし、値段も相当高いです。

ただ、各スポーツメーカーには得意分野があるために、たとえばアディダスなどはサッカー、リーボックはテニスとそれぞれのスポーツにあったシューズを作っていて、それぞれに、履きやすさ、機能性、Eサイズなどが違います。  私(スポーツメーカーに以前勤めていました)の経験では、日本人の足の幅は他の外国人の方に比べて広いので、アディダスのようにEサイズが狭いシューズよりもNIKEのシューズをお勧めします。

 

おすすめのサイト

結婚式でゲストをお迎えするウェルカムスペースに、のウェルカムボードを飾ろう。

http://www.nigaoe-prezent.com

笑顔いっぱいの似顔絵に名前詩を添えて感動を。大切な方の人生を名前でうたう素敵な贈り物です。

http://www.topo-map.net

福岡東区での葬儀と家族葬